平和コンサート「清水まなぶ(マナブン)トーク&ライブ」のご案内

「清水まなぶ(マナブン)トーク&ライブ」~核兵器は人をしあわせにしない~

 二度と戦争を起こさないよう、平和な未来のため、戦争体験者の言葉を歌を通して語り継いでいる清水まなぶさんのトーク&ライブを開催します。入場無料です。
 平和な未来のためにできることを聴き、歌い、考えてみませんか。

日時:123日(日)1330分~(開場13時)

会場:津市河芸公民館 大ホール(津市河芸町浜田742)

※当日のご参加も大歓迎ですが、事前にお申込みいただくと助かります。

主催:三重県生活協同組合連合会 平和活動委員会
共催:ヒバクシャ国際署名をすすめる三重県民の会

お問い合わせ、お申込みは 三重県生活協同組合連合会 
TEL059-228-9913(月~金 9時~17時30分)
FAX:059-228-9915 

 

クリックするとPDFファイルが開きます

 

 長野市出身のシンガーソングライター「清水まなぶ」プロフィール

2000年 小室哲哉、木根尚登氏のプロデュースにより、自身作詞作曲の「サンキューニッポン」でデビュー。
2007年に祖父の戦争体験談をそのまま歌にした「回想」をリリース。以降、戦時体験の聞き取り報告活動「回想プロジェクト」にも取り組み、夢や平和、命の大切さを歌を通して伝える「歌と語りの講演会」を行っている。
戦後70年にあたる2015年には長野県内全77市町村に聞き取りに訪れ、CD「HIROSHIMA」もリリースするなど各方面から注目を集めている!長野県ヒバクシャ国際署名推進連絡会の代表世話人。

 

 核兵器の脅威にさらされる一方で、国連で「核兵器禁止条約」が122か国の賛成で採択されました。この条約は50か国の批准で発効しますが、日本は参加しない見通しです。被爆者は、すみやかな核兵器廃絶を願い、核兵器を禁止し、廃絶する条約を結ぶことをすべての国に求め、現在、署名活動を続けています。
 三重県の生協・生協連においても、核兵器のない世界をめざして、呼びかけをすすめています。