平和の絵本の感想 | 生活協同組合コープみえ

平和の絵本の感想

読んだ方からの感想をご紹介します

 平和の絵本の貸し出しを利用された方から、絵本の感想や平和について考えられたことをお寄せいただきました。みなさまからのご感想をお待ちしております。

読んだ方からの感想

いわたくんちのおばあちゃん 天野 夏美作、はまの ゆか絵、主婦の友社出版

  • 穏やかなおばあちゃんの壮絶な戦争の体験を、今生きている私たちが忘れないためにもたくさんの方に読んでもらいたい絵本だと思いました。 (K.K)
  • 本来であれば幸せな家族写真ですが、つらい体験をしているいわたくんちのおばあちゃんは写真撮影は過去を思い出してしまいます。家族がそろっていられるのは、とても幸せなことだと思いました。未来を背負う子どもたちに平和が続くよう、戦争は絶対にしてはいけません。 (はる)
  • 何げない日常の学校の生活の中で、運動会で仲のよいお友達と敵になっても応援し合ったり…。おばあちゃんの戦争体験の中で、原爆の投下の一瞬ですべてを失った話から一時敵であっても普段は仲良くすることの大切さ、戦争のむごさなどが伝わってきた話でした。 (y.m)

おかあさんのいのり 武鹿 悦子作、江頭 路子絵、岩崎書店出版

  • 子どもには自分の人生を全うしてほしい、銃などに握ってほしくないという願いは親であれば誰でも持っているはずです。その思いがまたその子どもに伝えられれば戦争なんてならないだろうに、どうしてなくならないんだろうと切なくなりました。でもこのシンプルな思いを伝え続けなければ!と強く思いました。 (菜々)

かわいそうなぞう つちや ゆきお作、たけべもといちろう絵、金の星社出版

  • この本を読んだのは何年ぶりでしょうか…。人間の身勝手な戦争により、動物の残酷な姿が描かれている何度読んでも涙の出る絵本です。戦争は二度としてはいけません。 (K.K)
  • 夜寝る前、4歳の娘たち(双子)と読みました。この本はある程度理解できたようです。戦争の話より、殺される「ぞう」がかわいそう…と言っていました。なぜ殺されているのかはあまり理解できていませんでした。 (平野勇次)

さがしています アーサー・ビナード作、写真:岡倉 禎志、童心社出版

  • 原爆の恐ろしさを一枚の写真が語りかけてきます。当たり前の日常が一瞬にして奪われたかと思うと、胸が苦しくなります。この事実を決して忘れてはいけない。平和な世界を願います。(y.y)
  •  原爆によって残されたものがリアルに伝わり、改めて戦争の恐ろしさを感じます。未来へ語りついでいってほしい絵本です。(K.K)
  • 「新型爆弾投下!」縦型に大きな活字が1面紙いっぱいに浮き出された、あの日の新聞を改めて思い出させます。”新型爆弾は地上に落下する途中で爆発するそうや”、”なら直撃を食らわなくていいんじゃないの?”。わからない人たちの会話でした。石段に影のみ残して一瞬に溶かしてしまう熱線、はぎ取られた皮膚を垂れさせながら死んでいく…。原爆の恐ろしさがよみがえりました。地球から核兵器が無くならない!あの時の教訓を活かさなくちゃ、今こそ唯一の被爆国である日本がその役割を果たすべきです。この絵本を多くの人たちに読んでもらうため、生協のこの取り組みに感謝したい。(坂本様)

さくら 田畑 精一作、童心社出版

  • 桜のイメージからかけ離れた絵本でした。桜というと、私たちの目を楽しませてくれる幸せの象徴のだと思っていました。しかし戦時中は、桜の潔さを例えて戦意を高めるために使われていたのです。桜は昔から日本人にとって特別なものだということはわかりましたが、昔の軍人さんを思うと何ともいえない気持ちになりました。 (y.y)

伸ちゃんのさんりんしゃ 児玉 辰春作、おぼ まこと絵、童心社出版

  • 大事な人や物を一瞬で破壊してしまった原爆。後に残った人たちの怒りややるせなさ、「やっぱりさんりんしゃでおもいっきり遊べる平和な世の中」を願う気持ち。次世代の子どもたちは、決してこのようなおもいをさせてはいけないと改めて思いました。絵本は悲惨なこともやさしく伝えてくれるので、自分事として考えられるように思いました。ありがとうございました。 (y.m)

字のないはがき 角田 光代作、西 加奈子絵、原作:向田 邦子、小学館出版戦

  • 戦火の下、制限された辛い日常の中、家族どうしの愛、思いやる気持ちが伝わってきます。 (M.T)
  • いつの時代も、親が子を想う気持ちは変わらないのだと思いました。戦争中で幼い子までも疎開に出さなければいけない状況。すごく不安な気持ちが伝わってくる絵本でした。 (ミッキーちゃん)

トビウオのぼうやはびょうきです いぬい とみこ作、津田 櫓冬絵、金の星社出版

  • 「ちょっとまだ難しいかな?」と思いながら、6才の息子に寝る前に読みました。神妙な面持ちで静かに聞いていて、読み終わると布団をかぶってしまいました。「ぼうやのびょうき、なおる?」と心配そうに聞かれ、「治らんかもなぁ…」と答えました。全然関係ないところで仲良くくらしていた家族が、爆弾で元のくらしに二度と戻れなくなってしまう怖さを親子で感じました。自分ではなかなか選ばない本なので、機会があってとても良かったです。 (r.k)

へいわってすてきだね 安里 有生作、長谷川 義史絵、ブロンズ新社出版

  • 自然があって家族がいて、生き物も人間もみんなが気持ち良く過ごせるのはとても素敵なこと。子どもが真っすぐにそう願うことを奪うようなことがあってはならない!大人の責任です。 (菜々)
  • 絵がとてもかわいいです。(本の中の)「このへいわがずっとつづいてほしい みんなのえがおがずっとつづいてほしい」私も切に願います。 (K.K)

へいわとせんそう たにかわ しゅんたろう作、Noritake絵、ブロンズ新社出版

  • 寝る前に双子の4歳の娘たちと読みました。娘たちは「平和」、「せんそう」という言葉を聞いたこともなかったですし、もちろん意味もわかりません。イラストをみせながら、「これどんな感じ?」と質問しながら読みました。最終的に「へいわ=なかよし」、「せんそう=さみしい」と理解したようです。 (平野勇次)

もっとおおきなたいほうを 二見 正直作、福音館書店出版

  • かわいらしい絵につられ、手にとりました。王様ときつねのやりとりがコミカルで次はどんな大砲がでてくるか、親子で笑って楽しめる絵本だと思いました。ふと、今世界で起こっている争いを思い出しました。絵本のように、無意味な争いに早く気づいてほしいと思います。 (y.y)

秋 かこさとし作 講談社出版

  • かこさとし先生の絵本が大好きで、「秋」という絵本も読んでみたいと思いました。戦争体験者の想いは私たちが想像しているよりもずっと辛く、悲しいものなんだとひしひしと伝わりました。辛い体験を思い出すだけでも大変なのに、絵本として私たちに伝えてくれた想いを無駄にしてはいけないと思いました。「平和について考える」とても意味のあることだと思います。多くの方に読んで欲しいと思った一冊でした。(T.K)
  • かこさとしさんは、我が家にとってはなくてはならない大好きな作家さんです。(中略)かこさんの作品にこのような戦争を題材にされた作品を知らなかったので、今回絵本を見つけて親の私の方が興奮してしまい、お借りできたこと嬉しく思います。“青い空が澄んだ秋晴れは戦争のためにあるんじゃないんだ”この言葉を今も続くロシア、ウクライナ戦に届くといいなと思います。亡くなってからもなお、かこさとしさんが届けてくれるメッセージには熱い想いを感じます。 (S.N)

ここが家だ ベン・シャーンの第五福竜丸 アーサー・ビナード作 ベン・シャーン絵 集英社出版

  • 被爆した第五福竜丸は、伊勢市の強力造船所にけん引され修復されました。地域の方は放射能汚染に神経を尖らせ、造船所の職員は町の銭湯利用にも気を使ったとか?一昨年、この造船所にアーサー・ビナード氏が訪れ、講演を聞く機会がありました。絵本をめくり、当時の空気を思い出したひと時でした。(坂本様)