新型コロナウイルス感染者の発生と対応についてのご報告 | 生活協同組合コープみえ

新型コロナウイルス感染者の発生と対応についてのご報告

コープみえにおける新型コロナウイルス感染者の発生と対応についてのご報告

 

2022年4月8日

 

 2022年4月8日(金)、生活協同組合コープみえ鈴鹿センターに勤務する職員1名が、新型コロナウイルスに感染していることが判明いたしました。当該職員は3月31日以降の出勤をしていません。所轄保健所の指導にもとづき、施設の消毒を行っています。

 

1.感染者の行動履歴について  

 感染者は主に配送業務を担う職員で、3月30日(水)まで業務を行っています。罹患者と濃厚接触があったことがわかり、3月31日以降は、出勤をしていません。なお勤務時は、出勤前の検温、体調確認、マスク着用、手指の消毒等を実施しています。   

  • 4月6日(水)欠勤 36.3℃ 症状なし
  • 4月7日(木)欠勤 37.6℃ 喉に違和感あり
  • 4月8日(金)欠勤 37.5℃ 喉に違和感あり 病院を受診しPCR検査を実施
      新型コロナウイルス陽性と診断

2.対応について

(1)当該施設では、3月31日(木)朝に消毒作業を行いました。
(2)現在、センター内で体調不良の報告はなく、本件において通常業務に問題がないことを確認しています。

 

 組合員のみなさまには、ご迷惑とご心配をおかけいたしますが、ご理解とご協力の程、よろしくお願い申し上げます。組合員のみなさまと職員の安全を最優先に考え、管轄保健所をはじめ、関係機関と連携を図りながら、安全確保と感染の拡大防止に必要な対応をすすめて参ります。

 

*記載情報は4月8日(金)17時 時点のものです。