桑名市防災拠点施設運用訓練に参加しました (3/7) – 生活協同組合コープみえ

桑名市防災拠点施設運用訓練に参加しました (3/7)

桑名市との「災害時における物資供給及び物資配送に関する協定」に基づき、地域と連携して、お役立ちをすすめていきます

 2020年11月1日に桑名防災拠点施設が竣工されました。この施設は、災害発生時における災害応急対策の活動拠点並びに、平常時における市民の防災に関する知識の普及及び防災意識の高揚を図る、桑名市の施設です。
 コープみえは「災害時における物資供給及び物資配送に関する協定」を桑名市と締結しており、3月7日(日)の施設運用訓練に参加しました。

 訓練は南海トラフ地震が発生した場合を想定して行われました。コープみえは、桑名市からの要請を受け、支援物資の輸送受け入れを行う訓練を実施しました。

訓練には、コープみえ以外にも桑名市と協定を締結している企業、団体が多数参加しました。

訓練に参加する、伊藤桑名市長(左)、三重大学川口准教授(右)。