水道の民営化を考えよう! | 生活協同組合コープみえ

イベント・学習会

【オンライン】水道の民営化を考えよう!

<オンライン学習会>

水道が民営化!
~なぜ日本は水道を民営化しようとするの?欧州での再公営化から学ぶ~

水道を選ぶ権利は各自治体に委ねられており、電気やガスのように個人で選択することはできません。2018年12月に改正水道法が成立し、消費税の10%増税と同時期に施行されました。そのため、水道の民営化についてよく知らないという人も多いのが現状です。
欧州の水道事業は、民営化による料金の高騰で、水を飲んだり、使ったりすることを躊躇せざるを得ない「水貧困」世帯も増加しています。

岸本聡子先生を招き、欧州での民営化の問題と、再公営化に向けた市民の行動(運動)について学びます。
ご一緒にいかがですか。

 

クリックするとPDFが開きます

日時:93日(土)9:45~11:45
*受付開始 9:15~

場所:リモート(Zoom)
募集人員:100人(Zoom)まで
募集方法:三重県生協連がインターネットで受けつけています。
【申込フォーム】https://form.os7.biz/f/60fa0bc9/
申込締切:8月31日(水)まで

講演内容(予定)
・奪われる「水への権利」!
・水道の民営化は日本の危機!
・水メジャー・フランスでの水道再公営化!
・新自由主義国イギリスでの大転換!
・再公営化の起爆剤は市民運動!
・私たちができること~草の根から世界は変わる!ほか

講師:岸本 聡子氏
<講師プロフィール>
政策シンクタンクNGO「トランスナショナル研究所」に2003年から所属。
新自由主義や市場原理主義に対抗する公共政策、水道政策のリサーチ及び世界中の市民運動と自治体をつなぐコーディネートを行う。
著書に『水道、再び公営化!欧州・水の闘いから日本が学ぶこと』、共著に『安易な民営化のつけはどこに』など。

主催:三重県生活協同組合連合会

問い合わせ
三重県生活協同組合連合会
TEL:059-228-9913
メール:toiawase@miekenren.jp