品質・環境方針

コープみえ 2017年度 品質・環境方針

《基本理念》

生活協同組合コープみえは、「つながりあう安心、笑顔が輝く くらし」という基本理念にもとづいて、人が協同するくらしづくり、平和な社会を未来に引き継いでいくために、持続可能な循環型社会づくりをめざし、環境保全の活動を地域社会とともに取り組みをすすめます。

《方針》

生活協同組合コープみえは、ISO9001/14001規格にもとづく品質・環境マネジメントシステムを運用し、職員一人ひとりの力量と業務の品質向上によって組合員のくらしの願いに応えます。

コープみえのマネジメントシステムでは、法令・規制・社会規範を順守し、組合員満足度や環境への配慮の取り組みをすすめ、その継続的改善によって社会的な役割を果たします。

これらをすすめるにあたって、以下を基本的な方針とします。

  1. 食とくらしづくりに貢献し、組合員に喜ばれることをめざします。
    食と健康に貢献できるよう、安全・安心の商品、サービスの提供につとめるとともに、組合員のくらしに役立つ情報提供を強化していきます。
  2. 地域の諸問題の解決や、お互いがたすけあう地域社会をめざします。
    地域のNPOや諸団体、協同組合、生産者・メーカー、自治体と協同の活動をひろげます。
  3. 環境政策にもとづき環境保全活動を推進します。
    省エネ対策やCO2排出量の削減、廃棄物の削減や再資源化など環境負荷を軽減するように努力します。また、環境に配慮した商品の普及をすすめます。このような取り組みを通じて、生物多様性保全と地球温暖化防止に向けた改善を行います。
  4. 組合員の声を受け止めて業務をすすめます。
    組合員からの要望やお申し出に誠実に対応し、商品・サービスの改善や日常業務の改善に生かします。
  5. 人と人のつながりを実感できる活動を広げます。
    働く職員の力量を高め、組合員に喜ばれる仕事、信頼を高める活動をすすめます。

以上の方針を、コープみえで働く職員・パート・アルバイト及び業務委託者に伝達してその周知を図ります。

2017年3月21日
生活協同組合コープみえ
理事長 西川 幸城