お米づくり田植え体験を行いました - 生活協同組合コープみえ

生活協同組合コープみえ

News & Topics

お米づくり田植え体験を行いました

2024.06.03

 5月11日(土)にJA津安芸、5月25日(土)にJAいがふるさとの各交流田にて「お米づくり田植え体験」を実施しました。体験型企画を待ち望んだ組合員も多く、2日で計31家族114名の参加となりました。

 参加された方からは「貴重な体験ができました」という食育の面では好意的な声で占めた一方で、産消提携米の利用については前向きな回答が多い中「金額面も見ながら考えたい」という率直な意見も見られます。

 長澤課長は「この活動は楽しかっただけで終わるのではなく、組合員が地産地消を支える取り組みにまでつなげられるものです。参加者が地元商品を応援したいと思える活動にすることや、抽選に漏れてしまった多くの方へのフォロー等、まだできることがあると考えています」と活動の課題を述べられました。
 



~ 産直サポーターさんにもご参加いただきました~

 組合員と産地との相互理解を深めていくため、産直サポーターの取り組みがすすんでいます。
 今回、田植え体験に参加された産直サポーターさんに登録の経緯や活動の想いをお聞きしました。

 県外から三重に引っ越しし、地元での交流に参加したいという思いがありました。
 加えて、家族揃って農業や自然体験が好きなのもあり、産直サポーターに登録しました。
 活動から他の人にも話をして、つながりをひろげるお手伝いができればと思います!

 

産直サポーターについて詳しくはこちら